• 文字サイズ

東スポWebトップ > エンタメ > 芸能 > 「芸能人最悪」と言われた渡辺直美“ウラの顔”


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「芸能人最悪」と言われた渡辺直美“ウラの顔”


 体重100キロの女ピン芸人・渡辺直美(24)の、「ズボラ」では済まされない“ウラの顔”が分かった。

 

 昨年は女性タレント好感度ナンバーワンに輝き、現在もレギュラー数本を抱える超売れっ子。巨体を揺らしモノマネする“和製ビヨンセ”のほか、最近では人気バラエティー番組「ピカルの定理」(フジテレビ系)から生まれたキャラ「白鳥美麗」名義でCDデビューも果たした。業界での評判は上々。

 

「同世代や中高生の、特に女子から支持されていて数字(視聴率)を持っている。ギャラが高くない上に、腰は低くて言われる通りに仕事をこなすし、体を張れる。だから『渡辺直美を使いたい』と言う放送作家は多い」(制作会社社員)

 

 ところが、それはあくまで営業向けの顔。渡辺といえば「風呂に入らない」「部屋を片付けられない」といった“汚ギャル”で知られるが、この1年で3度、渡辺を乗せた都内タクシー運転手は「汚いのは部屋だけじゃない!」と憤る。一体どういうことか。

 

「今までに乗せた芸能人の中で最悪でした。車に乗り込むと、目的地を告げたっきり、こちらから話し掛けても完全無視なんです。それどころか、前の座席にぶっとい脚をドンと載せてふんぞり返っているんですよ。体臭はしなかったと思いますが、車内はイヤ~な空気が漂いました」

 

 極め付きは支払い時だ。「何の断りもなく、一円玉を20枚も30枚も財布から出して支払いを済ませると、無言で降りていってしまうんです。本当にあんなに心が汚い人は見たことがありません」(運転手)

 

 テレビで見る渡辺からは想像もつかないエピソードだが、その不機嫌キャラも“誰か様”のモノマネ練習であってほしい…。

 

 

【編集部のおすすめ】


【こんな記事も読まれてます】





【関連記事】


ピックアップ
【ジャニーズ、元SMAPメンバー】本紙がつかんでいた不穏情報を一挙公開!
本紙がかねて伝えてきた「ジャニーズ帝国の激震」が、ついに究極レベルに達した。

【連載コラム】加護亜依の笑うカゴには福来る!?
「モーニング娘。」時代に「加護ちゃん」の愛称で親しまれたタレントの加護亜依が激動の半生を振り返る!(全16回)

野球探偵の備忘録
野球界の“気になるあの人”を追跡し徹底調査!


おすすめコンテンツ
出走メンバー、コメント、本紙の見解のコラムを掲載

「おっぱっぴー」な半生を赤“裸”々に告白!(全15回)

セブン‐イレブンのマルチコピー機で中央競馬レース前日午後5時から発売中!

第2、第3の人生を追跡!

女子からヤング、ベテランまでレーサーの人柄を紹介。さらにアカデミーで舟券的中を目指す!

住之江グランプリ&平和島クイーンズC

18〜25歳(高卒以上)。仕事内容は編集局の補助で原稿運び、郵便仕分けなど。やる気のある方、上記をクリック!

誤字脱字のチェックなどの校閲業務。高卒以上で最低1年間は勤務可能な方、上記をクリック!

注目のトピックス(外部リンク)
リンクについて


新着フォト
東スポ動画
注目コンテンツ
予選ステージは7月スタート!

ビートたけし本紙客員編集長が審査委員長の独自の映画賞!

日本マット界の隆盛、発展を祈念し、東スポが制定したプロレス大賞です。

開催3場の全36レース(2場開催の場合は全24レース)の馬柱を完全掲載!