柴田が語った「アンタ復活」

2012年08月22日 18時00分

  相方「ザキヤマ」こと山崎弘也(36)との“電撃的コンビ復活”が今夏持ち上がっていたお笑いコンビ「アンタッチャブル」の柴田英嗣(37)が、このほど本紙の独占取材に応じ、コンビ復活時期について初めて言及した。現在、ピンでMCを務めるラジオ番組「LINDA!~今夜はあなたをねらい撃ち~」(TBSラジオ 平日深夜0時)をもつ柴田は「この番組がコンビ復活の要石」と言うが――。

 

「週中はラジオの帯番組、週末は野宿ロケがあるんで、結構体力使ってますね」。柴田は浅黒く日焼けした顔で近況を語った。昨年1月の復帰以降、まずまず仕事は順調なようだが、肝心のコンビ復活はまだ実現していない。関係者の間では山崎との不仲説もくすぶっているが…。

 

「山崎と復活の話し合いはしてますよ。事務所の先輩たちも交えて飯食ったりしてます。俺のラジオも聴いてくれているみたいですしね」。どうやら2人の関係は良好のようだ。ただ、今夏を含めた直近での復活については「話し合ったんですが…。とりあえずは『ない』ですね」と否定した。

 

「お互いにとっての充電期間。アイツもピンでスケジュールがいっぱい。現実問題として2人で一緒にやれない。で、話し合いの結果『今はそれぞれ頑張ろうよ』と…。それぞれが売れて、例えばレギュラー番組とかを持って、どっちかがダメになったら助けてもらおうと。だから今の僕はラジオを頑張るしかない。要は生命保険じゃなくて“お笑い保険”みたいなものですよ(笑い)」

 

 コンビ復活を望む周囲の声には「うれしいことですよね」と喜ぶが、苦笑しながらこう語る。

 

「それですごいハードルが上がっちゃってますよね~。復活後は『ものすごい漫才をするんじゃないか』と思われてるフシがあるんですけど、確実に漫才のスキルは落ちちゃってると思うんですよ。だって1年以上も一緒に漫才してないんですもん! だから復活した時には温かい目で見守ってほしいなと思います」