高橋洋子 初の単独配信ライブ開催を発表 エヴァの名曲披露に「奇跡は起こるよ何度でも~」

2021年05月24日 18時00分

初の単独配信ライブを行う高橋洋子

 現在、最新作にして完結編の映画が大ヒット中の「エヴァンゲリオン」シリーズ。

 テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の主題歌「残酷な天使のテーゼ」や「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 シト新生」の主題歌「魂のルフラン」などで知られ、「エヴァンゲリオン」シリーズ公式アンバサダーも務めるシンガー・高橋洋子(54)が24日、6月5日に自身初となる単独配信ライブを行うことを発表した。

 タイトルは『新世紀エヴァンゲリオン』主題歌「残酷な天使のテーゼ」高橋洋子スペシャルライブ【Refrain】。
配信サイト・日清食品パワーステーションリブートで、6月5日午後7時に開演する。

 ライブでは、エヴァに関するトラックを中心に、レアな曲、特別バージョンの曲など多彩なパフォーマンスを展開。今回はダンサー4名との5人編成で臨むスペシャルバージョンを歌唱する。

 また、数々の国際コンクールに入賞し、「心よ原始に戻れ2020」に参加したサックス奏者・松下洋氏がゲスト参加。BEATBOX世界大会に日本人で初めて日本代表として出場を果たし、世界にその名を知らしめたBEATBOXERのHIRONA氏も参加し、「赤き月」で超絶技巧のBEATBOXを披露する。

 高橋は「高橋洋子です! こんなご時世だからこそ『奇跡は起こるよ何度でも~』と意気込み満点! 初単独配信ライブが決定しました! レコーディングメンバーが初めてゲスト参加してくれたり。さらには、いつもの仲間たちとも愉快でパワフルなステージを計画中。あんな曲も、こんな曲も?いろいろ歌わせていただきます! ぜひご覧くださいませ!」とコメントを寄せた。

関連タグ: