猪木氏が猫ひろしに闘魂注入

2014年09月16日 16時00分

猪木氏(中)に激励された猫(前列左)らカンボジア選手一行

「1、2、3、ニャー!」――。次世代の党のアントニオ猪木参院議員(71)が先週末、お笑い芸人でマラソン選手の猫ひろし(37)を激励した。猪木氏が夜の“闘魂談議”をしている最中、練習終わりの猫があいさつに訪れた。

 猫は19日に韓国・仁川で開幕する「第17回アジア競技大会」でカンボジア代表として男子マラソンに出場。ほかの競技に参加するカンボジア選手とともに日本で合宿していた。

「猪木さんとは、8月にもカンボジアでお会いしています。そのときにも闘魂注入していただいたのですが、今日もぜひしてもらおうかと思いました」という猫。猪木氏は8月に外交のためカンボジアを訪れていた。

 男子マラソンは10月3日に行われる。「大会のある韓国と日本は、気候も同じで時差もないので調整にいいと思ったのですが、日本に来てみたらちょうどデング熱が話題になってて。蚊に刺されないよう気をつけています」(猫)

 マラソン選手らしくすっかりスリムになっていたが「芸人なんで」と「ニャー!」を披露。猪木氏の激励に応えることができるのか。