ピーター・バラカン「Barakan Morning」終了を突然発表

2014年09月15日 15時35分

 音楽評論家でラジオDJのピーター・バラカン氏(63)が15日、DJを務めるInterFM「Barakan Morning」を9月末で終了すると番組内で発表した。終了を説明する場面では局側との考えのずれを示唆する場面もあった。

「Barakan Morning」は2009年10月にスタート。1年の休止を経て、13年4月に再開した。番組では、バラカン氏が選んだ世界中のニュースや音楽を届けていた。

 バラカン氏はこの日の放送で、リスナーからの質問に答える中で「大変残念ですが、BARAKAN MORNINGも9月で終了することになりました」と突然、番組終了を発表。人気番組だけに発表直後からツイッターなどでは終了を惜しむ声が上がり、番組にも200以上のツイートが寄せられた。

 InterFMで長年ラジオDJを務めてきたバラカン氏は、12年にInterFMの執行役員に就任したが、今年6月30日をもって退任している。番組内では「僕が執行役員を退任した6月でこういうことがあるとは覚悟していました」と番組終了も予期していたと明かした。

 10月25、26日には自身が初めてオーガナイザーを務める音楽フェス「Peter Barakan’s LIVE MAGIC!」を開催する。同イベントはInterFMなど3社共催とあって「そこまでは大丈夫と考えていましたが、そんな甘いものではなかった」と話した。

 また番組では「僕が執行役員としてコマーシャルなことをやっていれば、こういうことにはたぶんならなかったんだろう。でもそういうことはできない。最初からコマーシャルなものを求めていたInterFMが僕を起用すること自体、ある意味間違っていたかもしれません」と、自身とInterFMの間に考えのずれがあることも示唆した。

 それでもバラカン氏は「一DJに戻り、いま僕が100%やりたいことをやっているのに悔いはない」と話し、残りの放送でも良質な音楽を届けることをリスナーに約束した。