竹下景子 グッドエイジャー賞受賞「年取るのも悪くない」

2014年09月04日 19時54分

「2014年 第12回グッドエイジャー賞」の授賞式に登場した竹下景子

「2014年 第12回グッドエイジャー賞」の授賞式が4日、都内で行われた。女優・竹下景子(60)、歌手・堀内孝雄(64)、俳優・小松政夫(72)らが表彰された。
 
 2003年から始まった「グッドエイジャー賞」は、年を重ねても魅力的な人物に贈られる。
 
 かつて“お嫁さんにしたい女優NO・1”と呼ばれた竹下も、昨年還暦を迎えた。「驚きました。いつの間にそんな年になっていたんだろうと思いました。今まで重ねてきた年に対して、ご褒美を頂けるなんて思わなかった。年を取るのも悪くないなと」とジョーク交じりに喜びを表した。
 
 堀内は授賞式で、高齢者の気持ちを歌った「惜春会」を熱唱。「70まではまだちょっと間があるんだけど、もうちょっと頑張ってみようかな」と笑顔を見せた。
 
 その「惜春会」を作詞した小椋佳(70)は今月「生前葬コンサート」を行う。堀内は「(小椋は)死なないでずっと続けていると思う。あれ(話題になって)おいしいですよね」と漏らした。