<裸画像流出>国民的人気の美少女金メダリストも被害

2014年09月05日 06時45分

 ハリウッドなどセレブ美女ばかりを狙った裸画像流出事件で、被害者100人リストに、2012年ロンドン五輪の美少女金メダリストも含まれていたことがわかった。

 プライベートで撮ったヌード画像がハッキングされたのはマッケイラ・マロニー(18)。同五輪の女子体操団体総合で米代表として金メダル、個人でも跳馬で銀メダルを獲得。前年の世界選手権(東京)でも団体総合と個人の跳馬でともに金メダルに輝いているだけに、米チームの中でもピカイチの美少女として国民的人気を得ている。

 そのマロニーの画像流出で、米メディアが特に問題にしているのは、盗まれたヌード画像が撮られた時期。同選手の誕生日は12月9日で、問題の流出画像は昨年の誕生日前に撮られたものだった。つまりまだ17歳で「未成年の裸画像を公開することは児童ポルノにあたり、違法」と大非難しているのだ。

 米FOXニュースによると、米アダルトサイト「Porn・com」が流出した画像を掲載したため、マロニーの弁護士は「画像の版権はマロニーに属する」として、ただちに削除するよう同サイト管理者に要請。他のサイトに対しても同様の申し入れをした。

 一連のハッキングが発覚した当初、マロニーは「私の写真じゃない。誰かが作ったコラージュ写真よ」と語っていたが、どうやら本物だったようだ。

 200枚を超えるセレブ美女らのハッキング画像は8月31日(日本時間9月1日午前)、米画像掲示板「4chan」にばらまかれた。それらをダウンロードしたユーザーたちが、4chanより利用者の多い画像共有サイト「reddit」などにアップ。そこから爆発的に拡散した。

 ところが、マロニーとみられる画像が「未成年の可能性」という事実が発覚したことで、redditの管理者はユーザーらに「マロニーさんの画像とみられる画像は削除し、複製しないように」と警告している。いずれにしろ、犯人はセレブたちのアカウントに不法侵入し、違法に入手した画像などのデータを流した。被害者が成人か未成年か、そこが最重要問題とも思えないが…。