モデル平子理沙が念願のコミケデビュー

2012年08月13日 14時00分

 念願のコミケデビュー! 人気モデルの平子理沙(41)が日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット82」(10~12日開催)に初参加したことを12日、自身のブログで明かしている。

 

 平子とコミケの関係に違和感を覚える人も多いと思うが、実は平子は「マイブームは深夜アニメ」と語るほどのアニメ好きだ。

 

 今年4月のブログで、偶然見た深夜アニメ「偽物語」のクオリティーに感動したことをきっかけにアニメに興味を持ち、以後は「探偵オペラ ミルキィーホームズ」「Aチャンネル」「男子高校生の日常」「這いよれ!ニャル子さん」「アクセルワールド」など放送される深夜アニメを片っ端から見るなど、すっかりはまっていることを明かしている。

 

 今回コミケデビューにあたり、周囲の人間から「夏のコミケはヤバいぞ」と忠告を受け、一時は参加を断念しそうになったが「やっぱりずっと気になっていたので行く事にしました!」と気持ちを抑えられずに参戦。事前にはパンフレットを読んで予習もしている。

 

 会場で平子はまずボーカロイド「初音ミク」や「偽物語」戦場ヶ原ひたぎなどお気に入りのキャラに扮したレイヤーたちの姿を激写。「私もしてみたーい!!!」と初めて触れたコミケの空気に興奮した様子を見せる。

 

 会場内では初めての同人誌やキャラクターグッズなどを購入したとつづっており、〝戦利品〟としてニトロプラスのマスコットキャラ「すーぱーそに子」のTシャツの画像をアップ。「わたしのコミケデビューはとっても楽しかったでーす!」と充実した一日を振り返った

 

 今年のコミケには3日間で過去最多タイの約56万人。平子が参加した最終日には約21万人がが来場している。参加人数の多さもあり、平子がいたことはあまり気づかれておらず、ブログ更新後「平子理沙いたんだ!」とツイッターで驚きの声が上がっている。

 

 

ピックアップ