河北麻友子 キスシーン前のビーフジャーキーばらされる

2014年08月29日 11時00分

キス前の行為をばらされた河北

 女優の河北麻友子(22)が初主演を務める舞台「新・幕末純情伝」のゲネプロが28日、東京・世田谷区のシアタートラムで公開された。


 同舞台は「沖田総司は女だった」のキャッチコピーで知られ、河北はその沖田役を担う。


 大役に「悔いのないように全力でがんばりたい」と緊張気味だが、ここで強烈な“毒ガス”を3連射したのが、双子ゲイタレントの広海深海。


 まず「私たち(河北と)楽屋が一緒。(河北は緊張で)吐きそうって言いながらがんばっている」とかました。


 河北が「今でも吐きそう…」とこぼすと、広海深海はすかさず「『ゲボが出る』って言う女の子、初めて聞いた」と2発目。河北は「言っていない!」と反論しつつ「(稽古中)重い緊張感があるんです。もうヤダ~」と舞台初演の前日に音を上げた。


 さらに河北が「緊張しすぎて(稽古後に)食べれなかったりする」と悩みを明かすと、広海深海は「(楽屋で)ビーフジャーキー食べているじゃない。今から(劇中で)チュ~するっていうのに」と3発目。河北はさすがに「そういうのやめてください!」と頭をかいていた。


 同舞台は29日から。河北が主演のもうひとつの舞台「広島に原爆を落とす日」は9月6日から。