もう中学生に“ヤリ捨て疑惑”

2012年08月16日 18時00分

破局が発覚したもう中学生

 熱愛中だった“童貞芸人”もう中学生(29)と“処女芸人”おかもとまり(22)が、今夏に破局していたことが発覚。交際の発表をめぐってギクシャクしていたという情報がある一方、裏ではもう中の“ヤリ捨て疑惑”もささやかれている。

 

 もう中は派手な女性関係が目立つ芸人の世界では珍しく女遊びもしない童貞芸人。一方のおかもとも広末涼子似のルックスにもかかわらず処女を公言していたことで、注目を集めていたカップルだが、交際発覚半年ほどで別れの道を選んだ。

 

 芸能プロ関係者は「2人が交際していたことは間違いないが、もう中は“童貞”という自分のキャラを守りたいがために、最後まで熱愛関係を認めなかった。おかもとは公表してもいいと思っていたのですが」と明かした。

 

 そこで“妥協点”として「お互いに恋愛感情はあるが交際はしていない」という体裁を取ることにした2人。公のイベントなどでは相手への思いを隠さなかったが「結局、公表するかしないかをめぐってギクシャクしてしまい、うまくいかなくなったという話です」と前出の関係者。

 

 先月には破局を迎えていたというが、別れてからのおかもとの落胆ぶりがあまりにもひどいことから、もう中の“ヤリ捨て疑惑”が噴出。

 

「おかもとの心はズタズタ。今でもこっそり隠れて一人で涙を流していることもあるようですし、『もうダメ』とか『(仕事を)やめたい』とまで口にしているそうです。誰も突っ込めないほど落ち込んでいることから、『もう中のヤリ捨てだな』ともっぱらの噂です」とお笑い関係者。

 

 童貞と処女ということで爽やかな関係と温かいまなざしで見守られていたカップルだが、悲劇的な結末を迎えてしまったようだ。