なぎら健壱が明かす鬼才・曽根中生監督の本音

2014年08月27日 16時00分

曽根さんをしのんだなぎら

 日活ロマンポルノを代表する映画監督の一人である曽根中生(そね・ちゅうせい)さんが26日、肺炎のために76歳で死去した。曽根監督は1971年「色暦女浮世絵師」でデビュー。その後「天使のはらわた 赤い教室」(79年)など数々のロマンポルノ作品を世に送り出し、なぎら健壱(62)が「薬痴寺」役で出演した「嗚呼!!花の応援団」シリーズなど、ロマンポルノが生み出した鬼才として名をはせた。

 ところが、1988年に大物芸人の故横山やすしさんとタッグを組んだ「フライング 飛翔」以降、突然、消息を絶った。「金銭のトラブルでヤクザに殺された」など、様々な臆測が飛び交う中、2012年、幻となっていた作品「白昼の女狩り」プレミア公開の際、本紙インタビューに応じた。

「当時はお互いに借金があって、金のないもの同士、つるんでいた。興行的にはまずまずで僕の借金はなくなった。ただ、方々から内容を批判され『つまらない映画』を作ってしまったという後悔と、前々から『もう映画で表現したいことがなくなった』という気持ちが重なったのが足を洗った理由。ヤクザに追い込まれた? ないですよ。ただ、やすしさんは相変わらず金に困っていましたね」

 晩年は映画界を離れ、大分県に居を構え「エマルジョン燃料装置」(環境や人体に悪影響を及ぼす窒素酸化物を低減させる装置)の研究に心血を注いだ。

 前出のなぎらは「当時の曽根さんはやっぱりお金がなかった。それでも頑張っていたけど、(資金不足で)映画が作れなくなったショックは、大きかったと思いますよ。(曽根監督はお金じゃないと言っていたが)そこはウチらがおもんぱかってやらないといけない。なかなか本音を言えなかったと思う。お金のある映画会社でやっていたら、もっと才能が花開いたかもしれない。悲しいね」としのんだ。