まゆゆ 志願の「アイス・バケツ・チャレンジ」でビッショリ

2014年08月21日 12時41分

『アイス・バケツ・チャレンジ』に挑戦した渡辺麻友

 まゆゆがずぶ濡れだ。

 

 AKB48グループの東京ドーム公演「~するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?~」最終日の20日、公演終了後に思わぬサプライズがあった。舞台裏で総合プロデューサーの秋元康氏(56)と渡辺麻友(20)が、難病のALS(筋萎縮性側索硬化症)の啓発チャリティー活動「アイス・バケツ・チャレンジ」の一環で頭から氷水をかぶったのだ。

 

「アイス・バケツ・チャレンジ」は、指名を受けた人が24時間以内に氷水をかぶるか100ドル(約1万円)を寄付する仕組み。幻冬舎の見城徹社長から指名を受けた秋元氏は終演後、メンバーへ支援活動の趣旨を告げ、「これからかぶります」と高らかに宣言すると、高橋みなみ(23)と指原莉乃(21)からバケツにたっぷり入った氷水を豪快にかけられた。

 

 すると、渡辺も「メンバーを代表してやらせていただきます!」と立候補したため、メンバーもビックリ。まゆゆ自ら顔に勢いよく氷水をかけ「サイコー!!」と叫ぶと、周囲からは「まゆゆ、いい女!」と歓声が上がった。