【AKB東京ドーム公演】小嶋、たかみな卒業ナシ! ダークホース指原は?

2014年08月20日 21時43分

左から柏木由紀、小嶋陽菜、高橋みなみ、渡辺麻友

「AKB48グループ東京ドームコンサート~するなよ?するなよ?絶対卒業発表するなよ?~」が20日、最終日を迎えた。

 思わせぶりなタイトルで3日間、引っ張ってきたが、ラストで総監督・高橋みなみ(23)が「聞きたいことあるんですよ。今回のタイトルですよ、これはっきりさせようよ」と切り出した。

 会場に緊張が走り、どよめきが起きる中、たかみなによって、一人ひとりに“尋問”が始まった。

 卒業に最も近い人、小嶋陽菜(26)が最初に大顔面に大写しになると会場は「えー」という悲鳴が響き渡る。

「どうなん?」とたかみなが詰め寄ると、こじはるは「私はAKB48が大好きなのでタイミングが合えばということで。今回は知らないうちにこういうタイトルになっていたので、私はこんなんじゃ発表しません」と宣言。ファンを安心させた。

 次にたかみなの“捜査線上”に浮かび上がったのは指原莉乃(21)。「ダークホースなんじゃないかと。辞めてもやっていけるやろ?」と迫ると、さっしーは「AKB48グループの名前があるから番組に呼んでもらえるし。私、日経エンタに取り上げてもらえるくらいタレントパワー上がるまでここにいます。私はまだやめません」。

 続いて柏木由紀(23)も「私はオーディション1回落ちて、親を説得してやっとAKB48になれたんですよ。まだまだやりたいことがあるし、後輩に教えたいこともあるし…。それにまだ(総選挙)1位になってないし」と普段見せない“勝気”な一面を見せると会場は「うおー!」とどよめいた。

 続いて水を向けられた峯岸みなみ(21)は、(真剣な)顔をつくってから「あんなことがあっても、しがみついた私ですよ! アイドルとしての花は髪の毛として散ったけど、もう一花咲かせるまではいたいと思います」と爆笑を誘った。

「心のプラカード」で念願の初センターを射止めた渡辺麻友(20)は「今年ね、総選挙で念願の1位取れたじゃないですか。だからといってまだまだ成し遂げたいこと、グループを引っ張ってやっていきたいことがあるので、まだまだこんなところでやめるわけにはいきません。私は卒業しませんよ」と胸を張った。

 たかみなから「川栄は…(卒業)ないか」と飛ばされかかった川栄李奈(19)も「復活したばかりですよ。何のためにユーキャンやったんだって!」と笑顔を見せた。

 続いて、たかみなから卒業の疑惑をかけられた島崎遥香(20)は「わかんなーい」とここでも塩対応だ。

 会場のどよめき「こんな私でもまだいてもいいですかー?」と呼びかけて、島崎もセーフと判明した。

 ここまできて、指原から「たかみなが一番怪しいからね」と切り替えされ、「卒業…確かに考えます。でも今後のAKBのことも考えます」とぽつぽつとしゃべりだすと、指原は「婚期を逃したお姉ちゃんを見ているよう」と畳み掛けた。

 たかみなが「婚期まだ来てないんで、やめてください。今年中に(ソロの)セカンドシングル出します! 秋元さんお願いします」と近況報告したところで捜査終了。

「みなさん! 卒業ありません!」とサプライズなしの締めくくりだった。