ネタ尽きた?海老蔵の「車庫破壊」ブログに踊らされたマスコミ

2014年08月20日 16時00分

海老蔵(顔写真)の自宅のへこんだシャッター

 歌舞伎役者の市川海老蔵(36)の都内の自宅ガレージに19日午後1時ごろ、軽貨物車が衝突する事故があった。

 海老蔵は直後の午後2時前に「我が家に車がつっこんできた…本当…大事件っす」とリポート。その後も「もう本当めいわく」のタイトルでブログを更新。「車つっこんで…車庫破壊…車乗れず…本当迷惑…ワゴン車が我が家に突っ込み本当にきついっす」といらだちをつづった。

 海老蔵のブログを見て現場の自宅に駆けつけた報道陣は目が点。車庫のシャッターの右端が50センチ程度、へこんでたわんではいたが、とても“車庫破壊”とまでは言えない状態だったからだ。

 事故当時、自宅には不在だった海老蔵は、記者に囲まれ「(自分以外は)皆いた。大きな音がしたらしいね」と語ったが、不思議なことに閑静な住宅街で、近隣住民の誰も激突音らしき音を聞いておらず「ニュースで初めて知った」と口を揃えた。

 警視庁によると「相手は近くで借りた軽貨物車を運転していた40代男性。海老蔵さんの自宅前の丁字路でスイッチターンしようとしたら、バックのギアが入っていなくて前に発進。激突した感じではない」という。

 海老蔵は被害者ではあるが“車庫破壊…車乗れず…”と大げさにブログで騒いだ結果、取材が殺到した警察も「はっきり言ったら迷惑だよね」と半ばあきれ顔だ。

 海老蔵はアメーバブログのCMキャラを務め、自身も1日平均30回以上も投稿するなど最近は“ブログ王”。今回の件は「ネタを提供する“生みの苦しみ”から話を膨らませているのでは」(ワイドショー関係者)との臆測も生んでしまった。

 さらに「9月から京都南座で『九月花形歌舞伎』が始まりますからね。UFOの時も『七月大歌舞伎』の一般発売前。歌舞伎に注目を集めるためにマスコミを利用していますよ」(同)と勘繰る声まで上がった。