“娘離れ”できない父に関根麻里が困惑

2014年08月22日 11時00分

仲が良すぎる関根勤(左)と麻里親子

 韓国人歌手・K(30)との結婚を発表した関根麻里(29)が、父親の関根勤(60)で悩んでいる。理由は父が“子離れ”できないからだ。

 総合司会を務め父親とも共演している情報番組「ZIP!」(日本テレビ系)を9月いっぱいで降板し、当面は主婦業に専念するという麻里。今月中の入籍を予定しているものの、結婚発表後の現在も実家住まいを続けながら新婚生活の準備を進めているというのだが、これがまた一苦労。

「結婚するにあたり、勤さんから出された条件が『新居は実家の近所』というもの。麻里さんはKさんと2人で内覧に行って、気に入った部屋があっても、勤さんのOKが出ないと決められない。結局、最終的に3人で実家近所の物件を回っているそうですが、麻里さんと勤さんの意見が対立することがよくあるとか。そんな2人にKさんは苦笑いで、口出しはできないみたいです(笑い)」(芸能関係者)
 勤パパにとって麻里は、それこそ目に入れても痛くない一人娘。仕事が終わると必ず連絡を入れさせ、出かけるときは誰とどこに行くかをきちんと報告しないと外出させない徹底ぶりで、愛娘を大事に育ててきた。

「もっと早くに2人の間では結婚話が出ていたが、ここまで時間がかかったのは、勤さんがなかなか娘を手放す踏ん切りがつかなかったから。交際期間が5年と長くなったのも、どうすれば娘を近くに置いておけるか、あの手この手で麻里さんと交渉してきたからです」(同)

 バージンロードでは大泣きする父親の姿が見られそうだ。