DiVA復帰決定の元AKB増田有華 複雑な心境吐露

2014年08月14日 20時42分

「DiVA」に復帰が決まった増田有華

 AKB48の派生ユニット「DiVA」の年内解散が決まり、解散を前に復帰が決定した増田有華(23)が14日、自身のブログを更新して複雑な心境を吐露した。
 
 増田は12年12月にAKB48を脱退し、併せてDiVAの活動も辞退していた。「嬉しい気持ちの反面、正直、不安な気持ちがあります」と揺れている。

 

「突然のことで身勝手なことをしてしまった身として、この機会に戻ることは許されるのか??と何度も考えました」身勝手という増田が辞退した理由は「DA PUMP」のISSAとの熱愛報道がきっかけだった。

 

「もちろんわたしが戻らせていただくことに関して戸惑われている方も中にはいらっしゃると思います」としながらも「皆さんと同様、わたし自身、いろんな思いがありますが、大好きなDiVA、わたしの居場所だったDiVA、残り5カ月の間その居場所に戻れる機会をいただいたからには、前を向き、全力で活動に取り組ませていただきたいと思っております」と力強くつづった。

 

 DiVAは11年5月に秋元才加(26)、宮澤佐江(24)、梅田彩佳(25)、増田有華(23)で結成。

 

 同12月にAKB所属ではない追加メンバー6人が加入。今回、増田が復帰して10人態勢となる。

 

 またユニット表記を「DIVA」に変更し、10月8日に小室哲哉(55)作曲のラストシングルを発売。ユニットを応援していた大島優子(25)が作詞した曲を含むアルバムも年内にリリース予定。解散時期は未定だが、ラストライブを行う予定だ。