松竹梅CM共演!渡哲也と前田敦子は“相思相愛”の仲

2014年08月14日 11時00分

CM発表会でも仲の良さをうかがわせた渡哲也(右)と前田敦子

 ベテラン人気俳優・渡哲也(72)が、実に26年間も出演し続けている宝酒造の日本酒、松竹梅のCMに、元「AKB48」の女優・前田敦子(23)の出演が決定した。長年出演し続けた渡の“代表作”で、女優と共演するのは吉永小百合(69)以来、史上2人目の快挙だ。前田が出演することを渡が認めたのは、2年前にそのけなげな姿を見て心を打たれたためだという。

 松竹梅「天」のCMで2人が共演することは、12日に都内で行われた新CM制作発表会で明らかにされた。10月に放送が始まり、商品のパッケージもリニューアルされる。

 松竹梅のCMは1970~87年までの18年間、故石原裕次郎さんが出演していた。その後の26年間は渡が引き継いで出演し続けている。つまり宝酒造と石原プロの関係は44年間も続いているわけだ。発表会で渡は「もともと裕次郎さんが多大な負債を抱えていたところ、宝酒造さんの先々代の社長さんにCM起用していただいたころからのつながりなんです。石原プロがなんとか持ってるのも宝酒造さんのおかげ」と明かした。

 長い歴史があるこのCMだが、意外にも渡が女優と共演するバージョンは少ない。過去には98年に吉永小百合が出演したことがあっただけ。つまり前田の出演は、吉永以来2人目という快挙なのだ。

 これについて前田は「恐れ多い」と謙遜しながらもうれしそうな表情。渡とは2年前にドラマで共演したことがあり「隣にいられるだけで幸せです。特におしゃべりさせていただいてるわけじゃないのに、ニヤニヤしちゃって。渡さんは理想中の理想の男性。目が合うたびキュンとしちゃいます。男性のみなさんは見習ってほしい」と絶賛した。

 このドラマとは、2012年10月1日に放送されたTBS系の単発ドラマ「強行帰国~忘れ去られた花嫁たち~」だ。同ドラマの制作発表で渡は前田について「AKB48は知っていましたが…。本当に失礼なんですが、存じ上げなくて」と恐縮していた。

 ただこの席では明かされなかった撮影中のエピソードと渡の“幻のコメント”があったという。

「実はドラマの撮影があったころ、前田さんは週刊誌に“泥酔騒動”を報じられた後だった。そのため前田さんは撮影現場などで『ご迷惑をおかけしてすみませんでした』と、共演者やスタッフら一人ひとりに謝罪して回っていたんです」(テレビ局スタッフ)

 このけなげな姿に胸を打たれた渡は、前田の姿勢をほめたたえたという。さらに渡は謝罪する前田に「そんなこと気にすることはない!」と激励し、さらに「俺なんて昔はこんなことがあったんだよ」と、自ら若手時代の失敗談まで明かしたという。

 前田のことをすっかり気に入った渡は、ドラマの共演前は全く知らなかったにもかかわらず、撮影中には「あっちゃん」と呼ぶまでになった。

「まあ松竹梅のCMは、渡さんの代表作ですからね。その共演者に前田を迎えたのは、明らかに渡さんの意向でしょう。そうじゃなかったら、吉永小百合以来の2人目の共演なんて認めるはずがないですよ」(芸能プロ関係者)

 いまや“相思相愛”の2人だけに、息の合った共演が見ものとなりそうだ。