キンタロー。初舞台に意気込む「キレキレのダンス見せる」

2014年08月12日 20時05分

左からキンタロー。、国広富之、舞羽美海、高田次郎

 モノマネタレント・キンタロー。(32)が12日、大阪市内で行われた、舞台「道頓堀パラダイス~夢の道頓堀レビュー誕生物語~」(9月13~24日、大阪松竹座)の制作発表に、主演の舞羽美海(26)らと出席した。

 

 大正時代の大阪を舞台に、少女歌劇(松竹歌劇団)の奮闘や家族愛を描くレビュー劇。舞台初出演となるキンタロー。は「ダンスシーンがあるので、社交ダンス講師の資格を持つ動きを見せられれば。今52キロなんですけど、ベスト体重の42キロになればキレキレのダンスを出せる。10キロやせるために水泳を始めます!」と気合十分だ。

 

 また、初期の食道がんで7月の舞台を降板していた松竹新喜劇の高田次郎(82)は「7月2日に手術をして、今月11日に退院したばかりのホヤホヤ。年も年なのでぼつぼつサヨナラせんと(笑い)。でもありがたいことに声を掛けていただいて、来年1月まで舞台が入っているので、皆さんに迷惑かけんように頑張ります」と笑いを交えながら回復をアピールした。