RG「あるある」であの大師匠を呼び捨てに

2014年08月10日 21時11分

浅越ゴエ(左)とレイザーラモンRG

 お笑いタレント・レイザーラモンRG(40)が10日、京都市の貴船で、よしもと祇園花月3周年記念イベント「RGが貴船の川床であるあるを歌い、それを浅越ゴエが実況解説する食事会」を行った。

 京都の奥座敷ということで、白塗りの芸妓風の“R奴”で登場したRG。台風の影響で川床ではなく、宴会場で京都に長らく伝わるという“あるある遊び”を披露した。

 出だしから普段の3倍に増水した貴船川について「川の色が中国の黄河と同じ」とボケながら登場。ロックバンド「THE BOOM」の「風になりたい」に合わせて、「最後の方でアユが出てきがち」とあるあるを歌い上げて、会場を笑わせていた。

 また、M―1復活あるあるでは「審査員をオール巨人がしがち」と大師匠を呼び捨てにしてしまったが、お笑いユニット「ザ・プラン9」浅越ゴエ(40)が「芸者が言ったことなので。後輩じゃないです」とフォロー。RGも「おばんどす」と乗っかり、大ピンチを切り抜けた。

 文字通り破天荒なイベントで、RGは26ものあるあるを披露。最後にゴエは「攻めたイベントもやっているので、ぜひ祇園花月に来てください」と3周年を迎えた祇園花月をアピールした。