「LIFriends」 荒天のなか日比谷野音で初ワンマンライブ

2014年08月10日 20時20分

大雨の中、熱唱するSHUNKUN

 ロックバンド「LIFriends(リフレンズ)」が10日、初めて東京・千代田区の野外大音楽堂でライブを行った。

 音楽の殿堂とも呼ばれている日比谷野音に、ついにLIFriendsが降り立った。デビュー前に他バンドの手伝いで立ったことがあるというが、ワンマンは初めて。ボーカルのSHUNKUN(24)はライブ前、「いつかはここでやりたいと話していた。もうやるしかない、絶対に成功させてやろうという気持ちです」と力を込めた。

 LIFriendsといえば、今年2月に渋谷公会堂でライブを予定していたが、大雪で中止になった。この日も台風11号の影響が関東にも及び、ライブ開催が危ぶまれていた。実際、開始早々には大雨が降っていたが、何とか開催にこぎつけた。

 飛行機が欠航したなどの理由で来られなかったファンもいたが、SHUNKUNは「今日は全員の気持ちを背負ってライブをします!」と宣言した。

 ライブには歌手・新里宏太(18)もサプライズで登場。LIFriendsは新里を迎え、20日にリリースする「君の瞳にロックオン」など計17曲を熱唱した。