予備戦敗退でも指原に“極秘作戦”あり

2014年08月10日 09時00分

2回戦で敗退した指原だが…(C)AKS

 人気アイドルグループ・AKB48の「第5回じゃんけん大会」(9月17日、東京・日本武道館)の進出をかけた姉妹グループらの予備戦が8日、千葉・幕張メッセで行われ、HKT48の指原莉乃(21)が2回戦で敗退した。

 HKT48の植木南央(16)に敗れた指原は「負けちゃいました!」と絶叫。6月の総選挙で2連覇を逃しただけに「最近、負け続きだから悔しい!」と嘆いた。

 本戦に出場する植木に対して「絶対、勝ってよ。優勝しなかったらブチ切れるから」とHKT48劇場支配人を兼任しているだけに、激辛エールを送ったが、実は指原も“極秘参戦”するという。

「どうやら指原は出場するHKTメンバー全員に“勝負パンツ”を配るというんです。はくかどうかはメンバーに任せるようですが、支配人にプレゼントされたらはかないわけにはいかないでしょうね。ファンには見えない部分ですが、さながら“裏で操るさしこ”といったところでしょうか」(AKB関係者)

 HKTはこの日勝ち上がった植木、松岡菜摘(18)ら5人とAKB兼任の兒玉遥(17)ら計8人が本戦に出場するが、指原はすでに松岡にはプレゼント済みだ。松岡は「1年前の誕生日にさっしーがくれた勝負下着をはいてきたので勝ちました!」と明かした。

 ファンが気になるのはどんな勝負パンツかだが…。前出の関係者は「色までは分かりませんが、Tバックになるでしょうね。(元AKB48の)大島優子らもAKBでプレゼントする下着といえば“Tバック”でしたから。『気合が入る!』と好評なんです」と明かす。

 これまでのじゃんけん大会は新シングルへの参加資格を争い、優勝者にはセンターポジションが与えられたが、今回の“ご褒美”は、ソロデビュー。指原チルドレンは勝負Tバックでデビューをゲットできるか。