萩原健一 夫婦で初ツーショット「照れくさい」

2014年08月07日 20時34分

映画の試写会に登場した萩原健一(右)、リカ夫妻

 映画「グレート・ビューティー 追憶のローマ」の試写会が7日、東京・千代田区にあるイタリア文化会館で行われ、俳優のショーケンこと萩原健一(64)が、夫人の萩原リカ(52)とともに出席。
 
 2011年に結婚後、初めて公の場にツーショットで現れたショーケンは「イヤー、なんか照れくさいね…」。リカ夫人について聞かれると、「あった瞬間から過去のことは忘れた。(僕は)悪いイメージが多いけど、家内に出会えたのは、いいこともしてたご褒美かな」とノロけてせる。
 
 リカ夫人も「実は結婚前はよく知らなかったんです。でも、正直で一生懸命に生きている人だなって思いました」と、ショーケンに出会ったころの印象を話した。
 
 さらに映画の脚本執筆を行っていたことを明かした。「パソコンを習いつつ、暇つぶしで映画の脚本を書いてたんだけど、昨日完成してね。明日、プロデューサーに会っていろいろ話す」と胸を張る。
 
 内容については「そりゃまだ言えないよ。これまで巨匠たちに文句ばっか言ってきたツケで、人に見せるのが怖くてね…」とはぐらかしたが、映画が公開される日も近そう?!