フジ辞めて正解?平井理央ノリノリ状態

2014年08月09日 06時30分

フリーになってからの評判が上々な平井

 フリーアナウンサーの平井理央(31)は「フジ離れ」で勢いが“ノンストップ状態”だ。6日、都内でMCを務めるFM番組「WONDER VISION」(J―WAVE、日曜午前6~9時)の公開収録に登場した平井。見事なマイクさばきでゲストのバイオリニスト・葉加瀬太郎(46)とのトークも好評だったが「自分の本当にやりたかったことができている」とノリノリだという。

 平井がMCを務める同番組は、社会が抱える様々な問題を解決するためのアイデアを探す「ソーシャル・デザイン」がテーマ。

 この日の公開収録は環境省が進める地球温暖化対策の情報発信拠点「Fun to Share ラウンジ」開設(15日まで)のキャンペーンの一環として行われた。

 白のブラウスにパンツ姿というクールビューティー姿の平井は、葉加瀬が「新アルバム『エトピリカ』に懸けてます! これでダメなら(終わり)という気持ちです!」と鼻息を荒くすると、観客に「帰りにお買い求めくださいね」と絶妙な間でフォローを入れるなど、見事なMCテクを見せつけた。

「実は平井さんがフリーになって初のレギュラー番組。リスナーからも『テレビとは違った一面が出ている』と評判です」とはJ―WAVE関係者。このラジオではフジ在籍時代と比べても生き生きしているのは明らかだったが、社会派といわれるような“お堅い”番組が、むしろ自分のフィールドといわんばかりだ。

 そもそも、フジ時代のレギュラー番組「すぽると!」でもその“お堅い”ところは見せていた。

「現場でも、しっかり取材してましたが、なにせプロ野球、スポーツ選手の世界ですからね。激しいアプローチを掛けられたこともあった。平井が現場に行くときは“お目付け役”として三宅アナがくっついていたけど、その目を盗んでアプローチした選手もいた。ただ、平井のガードが固くて、その選手も『平井アナは絶対に無理』と音を上げたそうですよ」とある局関係者は苦笑いする。

 プロ野球選手との合コンが大好きな女子アナが多い中で、平井は異色の存在だろう。

 最近では所属事務所の社長で、実姉の真央とのコラボも話題となった。

「そのお姉さんがジャニーズ『嵐』の櫻井翔と同級生というから驚き。嵐のテレビ番組に、姉妹揃って出演し、反響ありましたからね。女子アナとしてのバランスがいいですね。平井はアイドルアナとしてもてはやされるのを不本意に思っていた部分もあったが、バラエティーも社会派もできますから。フジの先輩で言うなら、バラエティーのアヤパンと社会派滝クリを合わせて割った感じじゃないですか」(別のテレビ局関係者)

 フジを退社して正解だったようだ。