宮崎県日向市公認のへべすPRキャラ「レディー・へべ」驚くべき正体

2014年08月08日 11時00分

へべすをPRするレディー・ヘベ

 宮崎県日向市産のかんきつ類「へべす」のPRキャラクター「レディー・へべ」が話題を呼んでいる。へべすとは「酸味がまろやかで食材の味を壊さないが、かぼすやすだちより知名度も生産量も低い。江戸時代に平兵衛さんが発見した」(同市の農業畜産課)。

 キャラは緑色の全身タイツと頭にへべす。サングラスを着用。もちろん、米国の人気歌手レディー・ガガのパクリであることは言うまでもない。

 へべすの消費拡大プロジェクト事務局の女性メンバーが、ヘベ本人を紹介してくれた。「昨年10月に生まれたばかりの0歳児。バブー!」と高めなテンションが暑苦しいが、その中身はバツイチの50代後半女性との噂がある。顔のインパクトもすごいが、胸もかなり巨乳だ。

「とんねるずの木梨憲武さんが全身タイツで股間にモノを入れてモッコリさせてた。私もタオルを入れてGカップにしてる。本当はCカップ。おいしいおかずになるように頑張る」と語る。イベントなどに出演したときに、客から「レディー・へべだ」と命名された。今では「市も公認しているキャラです」(農業畜産課)。

 ガガのパクリといえば、石川県加賀温泉郷の観光ユニット「レディー・カガ」プロジェクトにガガからクレームがついた騒動は本紙も報じた。

 ヘベは本家ににらまれていないのか。同課は「今のところ何もない。ガガさんの音楽も使ってない。何かあれば、対応を考えたい」とコメントする。

 へべは「彼女の強烈な個性はすごい。芸術として成り立つ。ガガさんがOKと言ってくれればいい。ダメって言われたら…困る。OKでもダメでも、へべすをぜひ賞味していただきたい」。

 しゃべる地方キャラに女性は少ない。変身前の女性は日向市の観光協会の仕事や、口蹄疫騒動の復興事業に携わってきた。地元愛は確かなもの。今後の露出が増えそうだ。