ミッツ・マングローブ 中森明菜へのあふれる愛語る

2014年08月04日 19時50分

 2010年10月から体調不良で休養している中森明菜(49)のベストアルバムの発売を記念した視聴会が4日、都内で行われ、明菜の大ファンというミッツ・マングローブ(39)が参加した。

 デビュー曲「スローモーション」から、4年ぶりの新曲「SWEET RAIN」まですべてのシングル曲を収録した「オールタイム・ベスト‐オリジナル‐」と、2曲の新曲を収録した「オールタイムベスト‐歌姫‐」が6日に発売になる。

 ノリノリのミッツはヒット曲「TATOO」の衣装に身を包み、ファン50人とともに新曲などを視聴した。

 小学1年生のときに「少女A」を聞きファンになったミッツ。「新曲が入っているというのが大きい。新曲を聞いて、さびついてないなと改めて感じさせた」

 ミッツが薦めるベストソングは「帰省~Never Forget~」。この曲は1998年に明菜がガウスエンタテインメントに所属していた時代の曲だが、「紆余曲折があったころの曲で、ファンにとっては『がんばれ明菜』って思いが強かったわ」。

 中森本人はいまだ休養しているが、「今回のことで復帰とかの声になるかもしれないけど、応えようと思って無理して出てきて、すぐに疲れちゃうようなら、まだ休んでていただいた方がいいかも」と本音を語った。