小阪由佳メイドデビューで沢尻、玉置に暴言

2010年06月05日 21時08分

〝ぽちゃドル〟小阪由佳(24)の暴走が止まらない。先日、東京・秋葉原のメイドカフェ「ジュエリーボックス」で一日店長を勤め、相変わらずのぶっ飛び発言を連発した。

 メイド服からたるんだ腹をのぞかせながら、半目の無表情で仕事に臨んだ小阪。重い体を揺らし「あ~忙しい」と感情を込めずつぶやいていたのだが突然、新恋人の存在を告白しはじめた。

「今は年下の彼氏。車を持っているしお金持ちだし最高なんですよね。結婚式やると思うんで、日にちとかは決まってないんですけどよろしくお願いします」

すっかりスイッチが入った小阪は「あたし、あんまり言う機会がないから言うんだけどね。最近の芸能界ってどうなのよと思うわけ」と芸能界をメッタ斬りにし始めた。

「ええとまずは、玉、玉、タマキン! あっ玉置浩二か。ワイドショー見ていてもしっくりこないしどうなの。それに前の彼女の石原真理。アイツ頭いかれてたじゃない。最初見た時に『えっ、イッてる?』ってすげえ衝撃受けたし。でもそれを上回るぐらい玉置ってヤバイ。しかも相手、青田典子でしょ。気持ち悪い」

これには、さすがに客席からも「おめえのほうがイカれてるよ」とヤジが飛んだが、小阪はいちべつもくれず無視だ。

 続いて沢尻エリカについても「意味が分からない。(半尻)衣装を見た時はストリップ始まるのって思ったの。でも、お尻ブリブリ振っているだけで、全然始まらないし。旦那も浮気されてかわいそうだと思うし」とバッサリ。

 さらに「沢尻がそんなんだから由佳さんは軽くストリップやりたいと思いま~す」と、メイド服のスカーフを脱ぎ捨てる。これには客から歓声が上がったが、脱ぐのはここまでだ。「おーほほほほほ」と甲高い声を挙げながらその場でくるくると一回転。客の目が点となる中「ありがとうございました」と感謝を口にすると、会場から去る…のではなく、何食わぬ顔で再びメイドとして働き始めた。

 働く小阪に改めて沢尻について聞いてみると「沢尻エリカとは面識ないよ。でもストリップってホント思っちゃったんだもん。由佳さん、思ったこと口に出しちゃうんだよね」と悪びれずに語る。

 バイトを始めた理由については「お金好きだからメイドのバイトも始めたんだけど」と金銭目的だと語るも「彼氏はお金あるからいつでも結婚できるんだけどなあ」と相反する彼氏のリッチぶりを自慢する。

 その後は「結婚の予定はあるんだよ。入籍の予定はないんだけど」と支離滅裂な答えに終始。バイト終了時刻の夜8時が近づくと、働くメイドやご主人様たちに別れも告げず、いつの間にか店を立ち去っていた。