奔放女優クリステン・スチュワート 胸元開いたタンクトップで会見登場

2014年08月02日 14時23分

ボーイッシュなタンクトップで登場したクリステン・スチュワート

 米若手女優クリステン・スチュワート(24)が2日、都内で、ハリウッド映画「イコールズ(原題)」(4日に日本でクランクイン)の緊急製作発表会見に、髪をバッサリ切ってタンクトップというボーイッシュな装いで登場した。

 

 クリステンといえば、「トワイライト」で共演したロバート・パティンソン(28)と交際中に主演した「スノー・ホワイト」のルパート・サンダース監督とのダブル不倫が公になりロバートと破局。先月末にはサンダース監督がモデルの妻と離婚。とにかく恋愛に奔放なのだ。

 

「イコールズ」は感情は病気だとして排された近未来の世界での愛がテーマ。「感情を捨てたくなる時は?」の質問には「私の人生は感情にくるまれている。頭と心の整理って難しいけどバランスが大事。私自身は心の声を聞くタイプだけど、感情を恐れていないわ」と泥沼不倫を経験しただけに含蓄たっぷりのコメント。

 

 会見中も恋人役のニコラス・ホルト(24)に顔を近づけて話しかけたり、時に頬づえをついたり体を揺すってみたりしていたが、その気取りのない態度が、次々に共演者をトリコにする理由だろう。

 

「日本はエネルギーにあふれているし礼儀のあるきちんとした国。自由に歩けるのも好きな理由よ」と語ったクリステン。日本でまた新たな恋愛がキャッチされるかも!?