「ASKA薬物歴20年」ロック界のレジェンドが手引きか

2014年07月30日 06時00分

ASKAは89年にロンドンに滞在

 やはり重度の薬物中毒だった――。覚醒剤取締法違反(所持、使用)などの罪で起訴された「CHAGE and ASKA」のASKA被告(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明)が、警察の取り調べに「20年以上前からMDMAなどを使用していた」と供述していたことがわかった。当初は薬物の使用時期について「2~3年前から」としていたが、大幅に“上方修正”。これは本紙が昨年7月に匿名報道した時から、再三指摘している「ロンドン滞在中に(薬物を)覚えた」との証言とピタリ一致する。

「彼は重度のヤク中。ヤクザ連中からも『あれ以上やったら死ぬ』と心配されたほど。(使用期間)2~3年というレベルじゃない」(芸能人の薬物事情を知る人物)。こうした話は逮捕前から裏社会でささやかれていた。

 ASKAは当初、警察の調べに「2~3年前から覚醒剤を吸っていた」と話していたが、ここにきて使用時期に関する供述を大幅変更。本紙既報通り、20年以上前の英国滞在中から使用していたことを認めたという。

 デビュー10年目の1989年、チャゲアスは活動休止を発表し、ASKAは単身渡英。その際、ある日本の大物アーティストXがASKAを手引きしたとウワサされている。

「XはASKAより年上で、バンドを率いていたロック界のレジェンド。ASKAより先にロンドンの滞在経験があったことから、弟分のASKAに現地カルチャーの一つして、マリフアナや合成麻薬を教えたそうだ。当時のロンドンでは『よくあること』だったが、これがASKAを“覚醒”させる一つの原因になったことは間違いない」(ASKAを知る関係者)

 ASKAがロンドンに滞在したのは半年ほどだったが「現地に家を購入し、移り住むことまで考えるほど気に入っていた」(同)という。

 帰国したASKAはその後、ヒット曲を量産。91年に「SAY YES」、93年には「YAH YAH YAH」でミリオンセールスを記録した。この2大ヒット曲もクスリの力に頼って生み出されたものなのか…。

 前出の音楽関係者は「ロンドンから帰国してからは、(薬物を)やらない時期もあったそうです。2大ヒット曲が生まれた時は、そこまでおかしいとは感じませんでしたね。むしろ『あれ?』となったのは、ヒット曲が出なくなった90年代後半から。歌詞に『ドラッグ』や『シャブ』を連想させる言葉が目に付くようになって…」と話す。

 とはいえ、一部で指摘されているように90年代前半の曲にも薬物を想起させる歌詞はある。93年3月に発売された「YAH YAH YAH」の両A面シングル「夢の番人」では「運び屋の白い粉袋の秘密で」と歌っているのだ。また、96年4月発売のアルバムに収録された曲「港に潜んだ潜水艇」には「口の中に薬を撃ち込まれた気分さ あちらこちらの 心臓が一斉に騒ぎ出す」との歌詞も。

 ファンにとってせめてもの救いは、大ヒットした曲の中にこうした疑惑の歌詞や表現がないことだが、ファンを裏切った“罪”は重い――。