木村佳乃のサプライズ登場に能年「めちゃくちゃ興奮」

2014年07月13日 19時50分

左から落合モトキ、鈴木亮平、能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、太田莉菜
左から落合モトキ、鈴木亮平、能年玲奈、登坂広臣、木村佳乃、太田莉菜

 女優・能年玲奈(21)が13日、都内で行った主演映画「ホットロード」(8月16日公開)の舞台あいさつに、女優・木村佳乃(38)がサプライズ登場した。

 能年の母親役を演じた木村。この日が能年の誕生日だったこともあり、バースデーケーキを運んで来場した。

「今、めちゃくちゃ興奮しています」と目を丸くする能年に、木村は「ずっと隠れていたの。暑かった」としてやったりの表情だ。

 木村は撮影中、能年の緊張を和らげていたという。能年は「たびたび、こちょこちょってくすぐってくださって。それですごく緊張がほぐれた」と回想。木村は「玲奈ちゃんはほんとにマジメな子。ずっと集中してしまっている」とストイックな能年を心配していたという。リラックスさせるために「脇が空いていたので。ママ役ですし、年上ですし」と“こちょこちょ”した理由を明かした。

 木村は昨年に大ヒットしたドラマ「あまちゃん」の時から能年に注目。「『あまちゃん』をず~っと見ていて。私も第2子を妊娠していて、(時間があったので)夜中の再放送も見ていました。だから、初めて会えた時はうれしかった」。その上で「私の娘と同じくらい(能年は)目がきれいだった。白目がキラキラしている」と、娘のプチ自慢もしれっと挟んだ。