織田信成 昔は「信長と距離を置いていた」

2014年06月23日 20時18分

LiLiCoと織田信成(右)

 元フィギュアスケート選手の織田信成(27)と映画コメンテーターのLiLiCo(43)が23日、都内で行われた、スカパー!の海外ドラマ「GRIMM/グリム シーズン2」(7月1日からスーパー!ドラマTVで放送)のPRイベントに出席した。

 グリム童話をベースにした同ドラマにちなみ、織田は先祖の信長風に、LiLiCoは魔女の特殊メークで登場。信成は「1時間30分かけてやってもらいました。いつもよりイケメンになったかなあ」とまんざらでもなさそうだ。

 織田信長の末裔ということを、小学生のころは気にしていたという。

「先祖のことを初めて知ったのは小学5年生の時。家に本がいっぱいあったし、父からいろいろ話を聞きました。でも、友達から『なんでチョンマゲしてないんだ』ってイジられるから信長と距離を置いてましたね。ゲームの『信長の野望』もあえてやりませんでした」

 一方、「二日酔いの時はこんな顔ですから」というLiLiCoは信長風の信成を高評価。「かっこいいわ~。さかりがついているから食べちゃいたい」と肉食キャラを前面に出して会場の笑いを誘った。

 そんなLiLiCoも、いい感じの男性が2人もいるらしい。

「ここ2週間のうちに『私と結婚したい』と言ってくれる男性が2人いるんですよ。しかも2人ともイケメンなんです。このドラマの関係者なんですけどね(笑い)」

 一時、お笑いトリオ「パンサー」の菅良太郎(32)をマークしていたが、菅が乗り気ではなかったため、この2人に乗り換えたようだ。

「好きな男性のタイプは、あいさつができる人、マナーのある人、女性に向けてヤジを飛ばさない人がいいわ」と時事ネタを絡めたLiLiCoは、「今年のクリスマスは彼氏と過ごしたい」とアピールした。