秋元才加 大島優子との女優共演「34歳くらいに」

2014年06月13日 16時28分

「NPO法人オレンジアクト設立」イベントに出席した秋元

 元AKB48で、女優の秋元才加(25)が13日、東京・秋葉原のアキバ・スクエアで行われた「NPO法人オレンジアクト設立記者発表会」に出席した。

 

 同イベントは認知症の早期発見・予防の啓発を目的とし、会場周辺でスタッフ20人が啓発を呼びかける冊子を配布。第2回イベントからPR大使を務める秋元は、活動に賛同する一般代表や企業代表に感謝状を授与した。

 

 先日、AKB時代に同じ2期生として苦楽をともにした大島優子(25)が卒業。味の素スタジアムで行われた卒業セレモニーのリハーサルに、秋元が水着姿で参加したことが話題に。秋元は「たいした意味はないんですけど、優子から『私より目立つ格好してきてね』というメールが来たから。大島優子だけ喜んでくれた」と苦笑いした。

 

 秋元の卒業セレモニーでは大島が大号泣したが、秋元は「あんなに泣いてくれるとは思わなかった。“心友”と呼んでいいんだと思えた瞬間だった。今は(大島が)支えになっている」と明かした。

 

 女優志向の大島と「共演したいか?」と聞かれると、秋元は「元(AKB48)と言われてるうちはしたくない。秋元才加、大島優子で出て、世間の人に(女優と)認めてもらえたら共演したい。34歳くらいかな。どんな女性になってるかな」と想像を膨らませた。

 

 現在、大島はブラジルW杯にリポーターとして現地入り。秋元自身もリポーター経験を持つだけに、「同じところに行くのはやめてほしい」と本音をのぞかせた。

 

 また、先月25日に発生したAKB48握手会襲撃事件を受け、この日はイベント規模を縮小。参加者や報道陣は身分証明の提示や手荷物検査を受けた。

 

 そのほか警備スタッフの増員と配置の徹底、市民ボランティアによるイベントへの参加が禁止されるなど、いまだ事件の余波を感じさせた。