上戸彩ら所属のオスカーがプロレス界に参入

2014年06月10日 11時00分

提携に至った経緯を話す赤井沙希(左)と高木社長

 上戸彩(28)や米倉涼子(38)ら数多くの美女タレントが所属する芸能プロダクション「オスカープロモーション」が、プロレス界に参入することが9日、本紙の取材でわかった。所属タレントの赤井沙希(27)が参戦しているプロレス団体「DDT」と正式に業務提携を結んだ。

 

“美の総合商社”とまで言われるオスカーが、プロレス界に参入することについてDDTの高木三四郎社長(44)は「今月から、正式にオスカーさんと業務提携を結びました。赤井さんが昨年8月にウチに参戦してくれたのがきっかけですね」と説明。その後、赤井は定期的に参戦しており「期待以上の活躍をしてくれている」と絶賛した。

 

 またDDT所属のIWGPジュニアヘビー級王者・飯伏幸太(32)と竹下幸之介(19)が芸能活動に関するマネジメントをオスカーに委ねることも決まった。

 

【オスカープロモーションとは】

1970年設立。モデル事務所として活動を始め、タレントのマネジメントなどに業務を広げる。80年代に後藤久美子の人気で美少女ブームを呼び、87年に始まった全日本国民的美少女コンテストを手がける。「美文化の創造」を掲げ、女優やモデルら約6800人が在籍。草笛光子、水沢アキ、池上季実子、菊川怜、武井咲ら女性芸能人のほか、陣内孝則、村上弘明ら男優、島田洋七らバラエティー系のタレントも増えている。本社・東京都港区。