AKB48イベント徹底ガードで開催…入山杏奈は欠席

2014年05月29日 00時00分

左から小嶋真子、伊豆田莉奈、木崎ゆりあ、相笠萌、田野優花、向井地美音

「AKB48」の握手会で発生した殺人未遂事件について、メンバーの木崎ゆりあ(18)が28日、都内で行われたイベント「DARTSLIVE×AKB48」でコメントを発表した。

 この日のイベントは終始緊張感が漂っていた。事件間もないせいか報道陣も約200人集まるなど、関心の高さを示した。イベントはプレス向けだったが、制服姿の警備員4人、そして「警備」腕章をつけたスタッフ12人を配置するなど物々しい雰囲気。メンバーの移動時には必ずガードする徹底ぶりだった。運営側によると「防犯上の理由」だという。

 登壇したのは木崎のほか、小嶋真子(16)、相笠萌(16)、伊豆田莉奈(18)、向井地美音(16)、田野優花(17)の6人。

 当初、リリースには被害に遭った入山杏奈(18)の名前も記載されていたが、「術後の経過を見るため」欠席となった。

 開口一番、木崎は「先日悲しい出来事がありました。(川栄李奈、入山が)早く元気になって一緒にお仕事したいです。私たちは今できることを元気にやっていきたいです」とコメント。それ以上は事件について触れることなく、粛々とイベントは進行していった。

 囲み取材でも関係者はピリピリだ。報道陣から事件についての質問が飛ぶと、スタッフがすぐに中断。退場する際、木崎が「今できることをやっていくだけですので。(私たちの)気持ちは大丈夫。(川栄、入山とは)連絡取りました」と話すにとどめた。

 関係者によると、今後行われる握手会やAKB関連のイベント、6月7日の選抜総選挙などでの防犯対策を詰めている段階だという。

 また、被害に遭った2人はもちろん、他のメンバーの精神的なケアも行っていく方針。運営側は、二度と同じような事件が発生しないように万全の対策を図るつもりだ。