キンタロー。AKB襲撃事件に触れ「腹が立った」

2014年05月28日 14時47分

 一発芸でブレークした強運を買われたキンタロー。(32)と波田陽区(38)が28日、都内で行われた、日本初となるトリプル馬単を当てる「SPAT4 LOTO トリプル馬単」(6月1日から大井競馬場で発売開始)の発売記念記者発表会にゲスト出演した。

 2人とも運気をたぐり寄せる縁起のいい黄金の衣装で登場。50円で最高3億円の払い戻しがある同馬券に興奮気味のキンタロー。は、司会者から「もし3億円が当たったら?」と問われ、「ハリウッドに豪邸を建てたり、東京ドームでAKB48を模倣したライブを無料開放でやりたい」と真顔で答えた。

 一方の波田は、10年前(2004年)のブームのときは「最高月収が2800万円。当時はCDも出してオリコンの最高順位が4位までいった」と自身の強運を自慢した。

 しかし、現在は「儲かったお金は全部おごったりして、使い果たしました。去年カラオケの印税で入った額は4円。現在は月2万円のお小遣いでやりくりしている」と寂しそう。3億円が手に入ったら「10年前は、300万円のお墓は買ったけど家を買うのを忘れてた。当たったらぜひ家を建てたい、それと去年質屋に入れたギターを取り戻したい」と話した。

 また、記者発表会後の囲み取材で、25日に起きたAKB48の握手会での傷害事件について聞かれたキンタロー。は、「事件にものすごく腹が立った。でも無事でよかった。今後は周りのみんなが心のケアしていかないと。たった1人の変な人のためにこんなことが起きちゃって。ファンの人も気の毒」とコメントした。