ASKAファンが最も気にする「いつから薬物使用」

2014年05月29日 11時00分

再逮捕されたASKA

 覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕された人気デュオ「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(56)が29日、東京湾岸署から送検された。

 警視庁組織犯罪対策5課によると、5月上旬から覚醒剤所持で逮捕された17日までに、少量の覚醒剤と合成麻薬MDMAを使用した疑い。知人の栩内香澄美容疑者(37)も同法違反で再逮捕されたが、こちらは依然として容疑を否認している。

 今後の捜査の焦点は薬物の入手ルートと、ASKAがいつから薬物に手を染めたのか、だ。ASKAは25日夜、頭痛や吐き気を訴え、勾留されている湾岸署から東京都内の病院に搬送された。診断の結果は「問題なし」だったが“シャブ絶ち”したことによる禁断症状とも…。

 捜査関係者は「数か月前までさかのぼって調べられる毛髪鑑定もクロ。自宅には100錠近い合成麻薬MDMAもあり、重度のジャンキーであることは確実。問題はいつから使っていたか」と話す。

 ファンが最も気にするのは使用期間だ。チャゲアスは1990年代に「SAY YES」や「YAH YAH YAH」など大ヒット曲を連発し、同容疑者はソロでも「はじまりはいつも雨」でミリオンセールスを達成。

 ASKAの供述次第では、それら名曲の数々も薬物の“力”を借りて生み出されたことになる。

「チャゲアスは青春そのもの。ASKAが逮捕されても『曲に罪はない』と思いたいが、クスリに頼って作られていたら、やっぱりショック。ファンクラブを辞める子も出てきそう…」とは40代女性ファン。

 一部ではASKAが薬物に手を染めたのは、レコーディングのためロンドンを訪れた1990年という報道もある。事実ならば、20年以上のキャリアだ。ASKAはさらにファンの心を傷つけてしまうのか。