元AKB・畑山亜梨紗「UFO見たい」

2014年05月30日 11時00分

元「AKB48」の女優・畑山亜梨紗

 明治天皇の玄孫で憲法学者の竹田恒泰氏(38)との交際報道で、元「AKB48」の女優・畑山亜梨紗(23)は“時の人”になった。近年は舞台を中心に活動している畑山の素顔に迫ってみた。

 畑山は「私、幽霊や宇宙人の存在を信じています。一日も早く会いたいです」と笑う。しかし単なる興味本位ではない。

 畑山は「一般的には“幽霊=怖い”ですが、怖がらせるために出てくる幽霊などありません。何らかのメッセージを持っているはずです。それを聞き、役に立つのであれば、その通り動いてみたいです」と話す。

 さらに話は宇宙人にまで及ぶ。畑山の関心は地球上の話題だけでは小さすぎるようだ。

「私のツイッターのアカウント名はUFO。まだ見たことがないので、ぜひ見てみたい。宇宙人は地球上にいます。人間の格好をして紛れ込んでいるはずです。地球を調査しに来ていると思いますね。会いたいという好奇心は旺盛です」(畑山)

 畑山が得意満面で語る超常現象は今、世間でも話題になっている。何しろNHKまで「超常現象」シリーズを放送。それだけ世の中の関心を無視できなくなっているのだろう。とはいえ、結論としてNHKは超常現象を否定している。これに対し真正面から反論した書籍が発刊され、話題になっている。幸福の科学出版発刊の「『宇宙人によるアブダクション』と『金縛り現象』は本当に同じか」だ。

「彼ら(宇宙人)は目指している『人間の人体のようなもの』をつくろうとしているのだと思います。(中略)地球人のなかに、魂的に宿ることはできるようなので、どのような自分になりたいかは、生きている人間の性質を見て選べば、『このようになる』と、ある程度、予想がつくということですかね」

 これは同書の一部抜粋で、アブダクション体験者をリーディングし、宇宙人から彼らの目的を探り出した記録が詳細に書かれている。何と、畑山が語っていた内容が、「『宇宙人による――』」でもはっきりと紹介されていたのだ。

 もはや超常現象研究家として活動してもおかしくない畑山だが、将来の夢は「吉永小百合さんのような“年を取らない”女優です。年を重ねても清純さが消えない。女性として憧れます」。

 畑山の志は高く、夢に向かい歩いている。

関連タグ: