関根勤 娘の麻里に「孫を産んで」結婚促す

2014年05月26日 18時12分

映画のCMナレーション収録を行った関根勤

 タレントの関根勤(60)が26日、都内でケヴィン・コスナー(59)主演映画「ラストミッション」(6月21日公開)のCMナレーション収録を行った。
 
 コスナーは娘にめっぽう弱いベテランスパイを演じる。
 
 関根は「娘にめっぽう弱いのは僕も同じ。4月から共演する情報番組『ZIP!』(日本テレビ)でも、麻里(29)の方が先輩でダメ出しされている。老いては子に従えというが頼もしい」と目じりを下げた。
 
 また、麻里との関係を「生まれたころに僕が暇ででずっと遊んで子育てしていた。思春期にもすれ違いはなく、今も家族で映画を見に行ったり仲はいい」と語ると「早く巣立ってほしい。孫を産んで次の遊び相手をくれ。お前と同じように面白くしてやる。誰を連れて来ても、娘が選んだ人だったら何も言わない」と結婚を促した。
 
 続けて「世のお父さんは仕事が一番忙しい時にお嬢さんが生まれて、やっと時間ができて遊ぼうかなという時に『結婚したいの』と言われるのでは。娘と過ごす時間が少なすぎて『まだ早い』と結婚させたくなくなるのでは」と分析。リポーターに「麻里さんに誰か紹介されたことは?」と尋ねられると「ちょっとすみません。娘のことなんで」とノーコメント。
 
 麻里といえばイケメン韓国人歌手のK(30)と交際が報じられ、関根も報告を受けている。すでに交際約5年。麻里は適齢期だけにデリケートな問題のようだ。やっぱり娘にはめっぽう弱い?