AKBグループ総支配人「心のケアを最優先にしたい」

2014年05月26日 11時38分

 25日に岩手県滝沢市の岩手産業文化センターアピオで行われたAKB48の握手会で、メンバーの川栄李奈(19)、入山杏奈(18)と男性スタッフの3人が刃物を持った男に切りつけられる事件が起きたことを受け、AKB48グループ総支配人・茅野しのぶ氏が26日朝、公式ブログにメッセージを掲載した。以下、全文。

 


 昨日、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターアピオにて開催されました、AKB48 33rdシングル「ハート・エレキ」35thシングル「前しか向かねえ」の握手会会場にて、AKB48入山杏奈・川栄李奈、及び会場整理の男性スタッフ1名が、刃物を隠し持った男性に襲われ負傷致しました。

 入山と川栄と男性スタッフは病院に運ばれ手術も終了致しました。

 先程、公式ブログにも明記致しましたが3人ともに命に別状はございません。

 現在、犯人は逮捕され警察の取り調べが進んでおります。

 今後、怪我を負った入山、川栄は勿論、現場にいたメンバーも含め、全てのメンバーのケアをスタッフみんなでしていきたいと思います。

 今後の事も心配されてるファンの方々もいらっしゃるかと思いますが、まずはメンバーの心のケアを最優先にしていきたいと思います。

 ファンの皆様にご心配おかけしましたことを深くお詫び申し上げます。(原文ママ)