AKB握手会乱入のノコギリ男に“無差別テロ”の可能性

2014年05月26日 11時00分

一夜明けた26日朝、被害者が入院している病院の前で待機する報道陣

 人気アイドルグループ「AKB48」のメンバーとファンが直接ふれあう場が騒然となった。岩手県内の握手会会場で、列に並んでいた男が突然ノコギリを振り回し、メンバーの川栄李奈(19)、入山杏奈(18)、スタッフの計3人が大けがを負ったのだ。岩手県警盛岡西署に殺人未遂容疑で逮捕された“ノコギリ男”は青森県十和田市の無職、梅田悟容疑者(24)。現時点で犯行の動機は不明だが、AKB48メンバーを狙った“無差別テロ”だった可能性が高い。

 

AKB事件めぐり「めざましテレビ」がツイッターで不適切発言

 

 

 25日午後4時55分。岩手県滝沢市の岩手産業文化センター「アピオ」で行われた人気アイドルグループ「AKB48」の握手会イベントで、川栄や入山らメンバーが横一列に並んでテントの中で握手をしていたところ、男は手にノコギリを持って、突然、襲いかかった。


 その場にいたスタッフらが取り押さえ、午後4時59分に110通報。現場に駆けつけた警察官が現行犯逮捕した。梅田容疑者は、岩手県警に「私がやりました」と容疑を認めたという。


 川栄は右手親指の骨折と裂傷、入山は右手小指の骨折や頭の裂傷で、それぞれ緊急手術を受けた。入山は頭部にも裂傷があり、3時間にわたる手術を受けた。スタッフを含め、3人は命に別条はないという。


 握手会を主催したキングレコードによれば、制服警備員、会場整理スタッフ約100人が警備にあたっており、事前に手荷物検査は行っていなかったが、「握手前には両手を広げていただくチェック体制をとっておりました」という。


 事件は川栄、入山を含む5人のメンバーがファンを待つ「6番ブース」で起きた。「『キャー! やめてー!』という3人くらいのメンバーの声がして、特にりっちゃん(川栄の愛称)は頭からも血が流れてて…。男性のスタッフさんも血を流していた。その後、すぐに救急車と警察が来た」(居合わせたファン)


 事件のあったブースの一角は暗幕で覆われ、通常握手会で流れているBGMも止まり、会場内は、静まり返ったという。