元AKB小野恵令奈「こんな事件絶対起きちゃいけない」と憤り

2014年05月25日 22時44分

「AKB48」の川栄李奈(19)、入山杏奈(18)、男性スタッフが25日、岩手県滝沢市の岩手産業文化センターアピオで行われた握手会イベントで、ノコギリのような刃物を持った男に切りつけられ、病院に搬送された事件について、2010年に同グループを卒業した小野恵令奈(20)がツイッターで憤りをあらわにした。

 

 握手会で事件が起こったことを知った小野は「こんな事件絶対起きちゃいけないでしょ 怪我が治ったとしても今日心に負った傷は絶対に治らない」と怒りのツイート。

 

 小野自身もAKB時代は数多くの握手会を経験。「どれだけメンバーが握手会と言うファンの皆との触れ合いの場を大切にして、楽しみにして、何話そうとか考えてたり、そう言うの分かるから、その気持ちをこんな形で無くす様な 本当に酷すぎるしありえない どうするの」とメンバーたちの気持ちを慮った。

 

 またファンに対しては「いまはお二人とスタッフさんの怪我の回復を待って戻って来た時ファンの皆さんの力が必要だと思います。信じさせてあげて下さい。僕達は裏切らないよって。守ってあげて下さい。アイドルとか関係ない みんな1人の女の子です」と温かい対応を求めた。

 

 小野以外にも卒業生の仁藤萌乃(21)がツイッターで「心配...」と後輩と思いやるコメント。元AKB前田敦子のモノマネで知られる芸人キンタロー。(32)もツイッターで「一生懸命ファンの方達に喜んでもらおうとしてる女の子達に なんて事するんだろう。。 傷つけるなんて。 本当愕然としてます」とコメントしている。