乃木坂46・中田花奈 映画主演に「ドッキリかと…」

2014年05月24日 18時18分

左から中田花奈、秋月三佳、宮原華音、高橋優里花、青木梨乃、仁同正明監督

 人気アイドルグループ「乃木坂46」の中田花奈(19)らが24日、東京・シネマート六本木で行われた、初主演映画「デスブログ 劇場版」初日舞台あいさつに登場した。

 初主演について中田は「もうビックリして。スタッフさんから軽く(主演と)言われたので、ほんとにドッキリかと思った。私はみなさんに長い間、見ていただける存在じゃないんで…」と恐縮しきりのコメントで会場を笑わせると、続けて「ずっと映っているので、主演ってこういうことなんだと実感しました。ありがとうございます」とスタッフに感謝した。

 メンバー間でポジション争いがある人気グループに所属しているが、映画の撮影ではいつもと勝手が違ったようだ。

 中田は「乃木坂の(曲の)PV撮影ではセンターの子やフロントメンバー、七福神や八福神(AKB48でいう“神7”)がよく映るので、私は撮影で空き時間が多い。映画では主役で空き時間がなかったんです。それに感動しました」とぶっちゃけて再び会場を笑わせた。

 本作は乃木坂46のメンバーが主演するホラーシリーズ「最強都市伝説」の第2弾で、第1弾「死の実況中継 劇場版」は能條愛未(19)が主演。6月公開の第3弾「杉沢村都市伝説」には伊藤寧々(18)が主演する。

関連タグ: