小向美奈子1億円全身改造 スライム乳がキングスライム化

2014年05月26日 08時00分


 これまでも妖艶ファックに加え、緊縛やレズなど、かなり激しいプレーに挑んだが、移籍を機にさらにハードなシーンに挑む。「元芸能人は疑似(セックス)だとか、見てくれるファンをだましたくない。米国では本場のポルノスターの心意気を学んできた。何事もオープンで卑屈じゃない。性的にも自分に正直に突き抜けている」


 言葉には出さないものの、新作ではガチンコファックに加えて“アナル解禁”となるのはほぼ間違いない。


 変貌を遂げた小向のボディーも目を見張る。かつて自ら“スライム乳”と称したバストが“キングスライム級”にレベルアップ。ウエストは記者の太ももくらいにくびれている。その秘密を聞くと、すっかり本場の思考回路になった小向は「うん、整形したからね」とあっけらかんと告白した。
「ハリウッドセレブが通うエステでボディーメーキングしたの。それにセレブ専用のファスティング(断食)施設。ひたすら自分との対話。メディテーション(瞑想)ね。とにかく“無”になれた。これまでの私より、精神的にも大人になれた。ポールダンスとかの練習もした。本場のポルノスターは自分のやりたいことを隠さずやる。そういうところが私に合うんだよね」


 ウエスト回りの脂肪を吸引し、それをバストに注入し、断食道場へは数週間通ったという。「胸はJカップぐらいにはなったかな。断食でちょっと小さくなっちゃったけど」と苦笑い。さらには「鼻が小さいのが悩みなんだよね。サングラスがずり落ちちゃうの。でも、マネジャーは『顔はダメ!』って」と顔の整形願望までも明かした。


 しかも、この半年間の“改造費用”はなんと1億円だというからビックリ。その内訳は、米国滞在費はもちろん、本場ポルノスターの実践レッスン代、SP費、これに前出のハリウッドスター御用達の整形クリニック費が加わる。


 AV女優として成功を収めた小向が、そこまでする理由は何なのか。


「これまでの(AVの)歴史を変えたいんだよね」と意気込む。センセーションを巻き起こしたデビュー作「AV女優 小向美奈子」はAV史上に残る20万本という超爆ヒットとなったが、今後はこれを上回る歴史を作りたいのだとか。


 その新生・小向の初陣がAVオープン。初めて他の作品と競う場に自ら身を投じ「一番になれなかったら、引退するから!」という決意だ。