小向美奈子1億円全身改造 スライム乳がキングスライム化

2014年05月26日 08時00分

到着ゲートに現れた小向。両脇のSP含め異様な一団だった

 業界内で行方不明情報が流れていたセクシー女優・小向美奈子(28)が、極秘で米ハリウッドに渡り、総額1億円の“全身改造”を行っていた! 本紙は一時帰国した小向を独占キャッチ。「すべては世界基準の“ポルノスター”になるためね」と、渡米の真相や全身整形、AVレーベル移籍などを激白した。

 

 

 帰国情報をつかみ本紙記者が東京・羽田空港で張り込んでいると、到着ロビーに異様な一行が現れた。中央の小向は黒のセクシーランジェリーからこぼれ落ちそうな豊満なバストを露出。赤のストールとスカート姿でハイヒールを鳴らし、両脇には黒ずくめの屈強なSPがサングラス越しに目を光らせている。一般客は驚き、空港職員もトランシーバーで連絡を取り始めた。


 ただ、当の小向本人は周囲の目を気にするそぶりもなく、決意に満ちたまなざしで涼しげな表情だ。本紙の直撃に小向は「あら、東スポさん、久しぶりね。私、ナンバーワンになることにしたから…」と語りだした。


 関係者によると、小向は姿を消していた半年間、ひそかに米国に渡っていた。この日の一時帰国は、27日に記者会見が行われる、AV日本一を決めるコンテスト「AVオープン」へのサプライズ参戦のためだった。


 計画は半年前にさかのぼる。所属レーベル「アリスJAPAN」から、過激さにも定評がある「MOODYZ(ムーディーズ)」への電撃移籍を志願。小向は移籍先でリリースする超過激新作を引っ提げてAVオープンに殴り込むという。


「私の中に『もっとエロスを追求したい』という抑え切れない欲望が出てきたの。それをより出せる場が欲しかった。ハリウッドに渡ったのも自分を向上させるため。移籍もさらなる表現の場を求めた結果。AV女優ではなく、私はポルノスターになったのよ」