総選挙11位HKT森保に指原「逃げ切ろう」メール

2014年05月23日 16時19分

AKB48・村山(左)とHKT48・森保

 AKB48の村上彩希(16)とHKT48の森保まどか(16)が23日、都内でCS放送フジテレビONEの観光バラエティー番組「AKB観光大使」の会見に出席した。

 21日に発表された「第6回AKB48選抜総選挙」初日速報で11位に入った森保は、速報1位のHKT48指原莉乃(21)から「このまま逃げ切ろう。頑張ろうね』って」とメールが届いたことを明かした。

 指原をはじめHKT勢は80位以内に15人が入る大躍進を見せたため、森保は「(指原が)『ごめん、興奮して送りすぎた』って5通くらい(メールを)送ってくれました」と様子を明かした。

 投票はスタートしたばかりだけに森保が、「去年も速報の後に(指原が)メールをくれたのですが、今年は本番の後にこのメールが来るように頑張りたい」と意気込んだ。

 一方、速報で残念ながら圏外となった村山は「同期(13期)の大島涼花ちゃん、茂木忍ちゃん、岩立沙穂ちゃんの3人がランクインしていて、自分のことのようにうれしかった」としながらも「自分もランクインしたいので、本番で名前が呼ばれるように、心の準備をしたい」と笑顔で巻き返しを誓った。

 イベントでは、森保と村山は同番組のロケで行った長崎市のPR活動が田上富久長崎市長に認められ、観光大使に就任した。

 長崎市出身の森保は「心の底からうれしい。さっしー(指原)は大分の観光大使なので、長崎にもいいところあるよって教えたい。長崎は夜景がキレイなので、夜景をPRしたい」と意気込んだ。

 なお、長崎市を訪れた模様は28日(深夜0時)に放送される。