「AKB総選挙速報」生中継が佐村河内&小保方超え

2014年05月22日 18時00分

速報2位に安堵の表情を見せた渡辺麻友(中)

「第6回AKB48選抜総選挙」(開票6月7日、東京・味の素スタジアム)の速報が21日、東京・秋葉原のAKB48劇場で発表され、昨年1位の指原莉乃(21)が3万7582票で速報1位を獲得。初の総選挙連覇に向け、絶好のスタートを切った。

 16日付の本紙で連覇の可能性を指摘された指原。別の現場で仕事中に速報を知り、「今日1日すごく張り詰めたものが自分の中であったので、早いとはわかっていますが、今、すごく安心しています。まだ速報ですが、HKTから(80位以内に)15人も入ったことも、とてもうれしいです」とコメントした。

 2位(2万5283票)の渡辺麻友(20)も思わず「さっしー(指原)無敵だよ!」と白旗を掲げてしまったほどだ。

 指原の強さばかりが目立ったが、なんと理化学研究所の小保方晴子研究ユニットリーダー(30)と偽ベートーベン・佐村河内守氏(50)“超え”まで果たしていたという。

「速報発表の模様は(動画配信サービスの)『ニコ生(ニコニコ生放送)』で中継されたんです。六本木のニコファーレから特番を放送したんですが、約63万人の視聴者を集めた。日本中の関心を集めた小保方さんの涙の会見が59万5000人、佐村河内氏のブチ切れ会見さえも45万8000人でしたから、圧倒的強さで1位を獲得した指原さんが“超えた”ということ」(ニコ生関係者)

 これは想定外の大盛況ぶり。ニコファーレ会場やニコ生本社で視聴者数をカウントしていた関係者たちは「佐村河内を余裕で超えるのか!」と興奮気味に絶叫。さらに、小保方超えの達成時には「まさか、まさか小保方さんも? ああ、超えた!」と一斉にガッツポーズ。その場で跳びはねる関係者まで現れた。

 投票締め切りは6月6日の午後3時。このままなら、開票イベントが行われる6月7日にはさらなる“大狂騒”ぶりが見られそうだ。