金爆「女々しくて」が「JASRAC賞・金賞」に

2014年05月22日 16時00分

受賞に笑顔の鬼龍院

 鬼龍院翔(29)が作詞作曲したゴールデンボンバーの「女々しくて」が2014年の「JASRAC賞・金賞」に輝き、21日、都内で行われた贈呈式で鬼龍院が受賞した。

 日本音楽著作権協会(JASRAC)主催の賞で、前年度の著作物使用料の分配額が多かった作品に贈られる。特に「女々しくて」はカラオケで数多く歌われた。鬼龍院は「高額納税者番付がなくてよかったとホッとしてましたが、このニュースで、カネもらってるなと世間に浸透してしまうのかな。これからどんな悪いやつが寄ってくるのか考えただけで胸が熱くなります」と笑わせた。

 お金よりも望んでいるものがある。「ボクは死ぬほどモテたいんです。電話が鳴りやまないくらい、女子から電話がかかってくるくらいモテたいのに、まったくない」。テレビ番組などで女性タレントと共演はしたが「話しかけづらいオーラがあるのか、共演者からも話しかけてくれない。話しかけてください。待ってます」と懇願した。