“最胸カープ女子”杉原杏璃「優勝したらビキニでビールかけ乱入」

2014年05月23日 14時00分


 杉原:実はひそかに考えていることがあるんですよ。優勝したら、ビキニでビールかけに乱入しちゃおうと。

 尾関:うおおお。それは選手のモチベーションアップにもつながる。絶対に優勝するしかないっすよ。なんなら僕も一緒に、赤いブーメランパンツをはいてビールかけに乱入しますよ。

 杉原:…。もう一つ考えているのが始球式登板です。オファーすら来ていないのに、実際に登板することになったらどうしようという妄想までしてて。グラビア的な感じにした方がいいのか、マジメにした方がいいのか勝手に悩んだり。

 尾関:実は僕も悩んでいるんです。7月に始球式で投げさせていただくことになったんですが、マジメにした方がいいのか、芸人としてボケた方がいいのかと…。今のところ山内投手コーチの現役時代のフォームとして知られる、UFO投法のマネをしようと思っていますが、僕にとってはダダ滑りの危険をはらんだ大勝負です。

 杉原:いいなあ~、始球式。私もやってみた~い。

 尾関:冗談抜きに、今年のカープは開幕から好調ですし、23年ぶりとなるリーグ優勝のチャンスです。

 杉原:生きているうちに1回は経験したいですよね。

 尾関:まだ31歳ですよね? それに前回、1991年のリーグ優勝も記憶にあるのでは?

 杉原:おばあちゃんが大喜びしてたっていうのは覚えていますが、岡山寄りの福山は広島市内の熱気が伝わりにくいようで…。今ならちゃんと心に刻めるので、ぜひリーグ優勝だけでもしてほしいです。

 尾関:そして一緒にビキニの水着でビールかけに乱入しましょう!

 

対談ムービーを公開

◇杉原杏璃編Part.1

YouTube Preview Image
◇杉原杏璃編Part.2

YouTube Preview Image

おぜき・たかふみ=1977年8月6日生まれ。広島県東広島市出身。お笑いコンビ、ザ・ギースのボケ担当。明治大入学前の浪人時代には、投手として広島の入団テストを受けるため、1日200球の投げ込みを3か月にわたって行い、肩を壊した経験も。コント日本一決定戦「キングオブコント2008」のファイナリスト。東京・あさくさ劇亭で6月20日まで毎日ライブを開催中。

すぎはら・あんり=1982年6月12日生まれ、広島県出身。身長157センチ、B89(G)・W56・H80。2001年、芸能界デビュー。05年からグラビア中心に活動し、その美巨乳で知名度を高めた。以降はバラエティー番組でも活躍。本紙経済面で「杉原杏璃のグラドル式投資術」を好評連載中。最新イメージDVD「あん・あん・あん」(イーネット・フロンティア)が発売中。

関連タグ: