野村義男がASKA・栩内容疑者と“無関係”を強調

2014年05月21日 20時20分

 17日に覚醒剤取締法違反で逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA容疑者(本名宮崎重明=56)や栩内(とちない)香澄美容疑者(37)との関係を報じられたギタリストの野村義男(49)が21日、公式サイト内のブログで2人とは無関係だと訴えた。

 野村はブログ「野村哲学道」を更新して、まずファン、関係者、友人などに謝罪。自身の名前が事件にからみ報じられていることを受け説明するとした。

<栩内さんとの関係ですが、うどん屋さんの店員が「伴って来ていた」等の発言していますが、2人で食事に行った事は一度もありません。お店には、去年の5月と7月の2度だけ、行った事があります。どちらも複数人の食事会で、僕のレコーディングの手伝いをしてくれてる人が、栩内さんの知り合いで、5月も7月も、仕事が終わってからの、後からの食事参加でした>として、深い関係ではないとアピール。

 さらに<僕が栩内さんと初めて会ったのは、4年くらい前の、知人の飲み会に行った時でした。その後、何度かお酒の席で一緒になった事があります。でも2人で飲みに行った事も無ければ、もちろん、彼女の家も知りません>と“さし飲み”はしていないという。 

<僕と栩内さんは、お互いの連絡先を知らないので、直接連絡をとった事も無いのです。栩内さんの仕事についてですが、彼女の仕事についての話しをした事が無いので、わかりません>と事件との関わり合いを避けるように栩内容疑者との関係もできるだけ淡泊なものと印象付けた。

 一方、覚醒剤事件の“主役”のASKAとの関係性も薄いと続ける。

<僕は、ASKAさんとは1度会った事があります。「レコーディングでギターを弾いてくれるか?」って、仕事の話しの食事会で、去年の12月にASKAさんのスタッフの方と一緒に会いました。ASKAさんの連絡先も、お互いに知りません>と身の潔白を訴えたいようだ。

 一連の報道で野村は食事も喉に通らないようで、やせたという。


以下、全文。

<ファンの皆様、関係者の皆様、そして心配してくれてる友人の皆様へ。
このたび、皆様にご迷惑をおかけした事をお詫びいたします。

 今回の報道の中で「野村義男」の名前が出て来ているので、この場を使って、説明をさせてください。
  
 報道されている、栩内さんとの関係ですが、
うどん屋さんの店員が「伴って来ていた」等の発言していますが、2人で食事に行った事は一度もありません。
お店には、去年の5月と7月の2度だけ、行った事があります。どちらも複数人の食事会で、僕のレコーディングの手伝いをしてくれてる人が、栩内さんの知り合いで、5月も7月も、仕事が終わってからの、後からの食事参加でした。

 僕が栩内さんと初めて会ったのは、4年くらい前の、知人の飲み会に行った時でした。その後、何度かお酒の席で一緒になった事があります。
 でも2人で飲みに行った事も無ければ、もちろん、彼女の家も知りません。 
 僕と栩内さんは、お互いの連絡先を知らないので、直接連絡をとった事も無いのです。
  
 栩内さんの仕事についてですが、彼女の仕事についての話しをした事が無いので、わかりません。
 もちろん、ASKAさんと栩内さんの関係についても、聞いた事が無いのでわかりません。

 僕は、ASKAさんとは1度会った事があります。
 「レコーディングでギターを弾いてくれるか?」って、仕事の話しの食事会で、去年の12月にASKAさんのスタッフの方と一緒に会いました。
 ASKAさんの連絡先も、お互いに知りません。
  
 今回の件で、僕が伝えれる事はこれが全てです。
  
でも今回の事で、食事をしたり、飲みに行くのも、今までは堂々と普通にしていたのですが、
 食事をするお店も選ばないといけない事も学びました。

 実はこの数日間は、ギターに触れる事も出来ませんでした。
 身体中の力が抜けるのも感じました。
こんなダイエットは、精神的にも良くないよね(泣)
 焼き肉でも食べに行って体力を戻さなきゃと思います。もちろん、知ってるお店に行くので、ご安心を。

このたびは、心配してくれた皆様に、大変ご迷惑をおかけしてすみませんでした。
 心から、みなさんの愛も感じる事も出来た経験になりました。
ありがとうございます。>(原文ママ)