坂上忍がASKAを「バカ野郎。擁護する言葉ない」

2014年05月21日 15時26分

ASKAをぶった斬った坂上忍

 俳優・坂上忍(46)が21日、都内で結婚情報サイト「ぐるなびウエディング」の記者発表会に出席し、逮捕されたASKAをぶった斬った。

 坂上は、17日に覚醒剤取締法違反で逮捕された「CHAGE and ASKA」のASKA(56=飛鳥涼、本名・宮崎重明=56)について、リポーターから質問されると「いろいろとコメントを出されている方々がおられるが、僕は正直言って、こういうことをやったらバカ野郎だと思う。先輩だが、擁護する言葉はない」と歯に衣着せぬ辛口コメントでメッタ斬りにした。

 その上で「Chageさん(56)、頑張ってくださいと、それだけです」と相棒をフォロー。

 続けて「ASKAさんと僕ではレベルが違うが、どちらも個人事務所。年齢的なこともあってなかなか周りに意見を言ってもらえなくなる。僕はちょっとでも天狗になりそうになったら、スタッフに意見を聞く。カチンとくることはあるが記憶に残って、家に帰ってから『あいつの言うことは合っているな』と自分を戒めることができる」と話した。

 坂上は自らの境遇を引き合いに出すことで、ASKAの“裸の王様”ぶりをあぶりだした。

 薬物を断ち切れなかったASKAの悲惨な転落は、周囲に注意する者がいなかったことにも起因しているのだろう。

「僕は14歳から1人でやっているから、勘違いしないようにしないようにしている。そういう恐れはあるし、僕も弱い存在。人は誰しも弱い存在なので」

 最後に自らに言い聞かせるようにそう語った。