ラッセル・クロウ来日 急きょ1泊 その理由とは

2014年05月19日 20時05分

 俳優のラッセル・クロウ(50)が19日、都内で映画「ノア 約束の舟」(6月13日公開)の特別上映会に出席し舞台あいさつを行った。

 3年半ぶりの来日。クロウは「役者人生の中で一番大変で、撮影中はどうしてこの仕事を受けたかとのろった。12月のNYロングアイランドの凍てつくような寒さの中、何日も雨でずぶ濡れになった。監督はあるインタビューで『水は温めている』と答えたらしいが、それは大ウソだ」と苦笑した。

 当初はプライベートジェットで乗りつけてわずか10時間の滞在予定だったが、急きょ“あること”のために1泊することになったという。

 クロウは「前回はいろんな日本酒を飲んだ。この仕事が終わったらその挑戦を再開したい」とコメント。SAKEの魅力に1泊することになったようだ。

「いつも東京で仕事をするだけなので、いつか子供たちを連れて東京以外の所に行ってみたい。そしてすばらしい日本文化を体験させてやりたい」と“親日”をアピールしたクロウは「皆さんもシドニーを訪れてサウスシドニー(クロウが所有するラグビーチーム)を応援して。楽しめると思う」とちゃっかり宣伝した。